チャットレディ 活躍

チャットレディとしての心得

チャットレディの仕事は男性会員のおあてをすることですが、心得として持っていてほしいことは、挨拶が言えることと、お礼を述べることができるというのは最低限必要なものとなっています。社会人としてはアタリマエのことですが、中にはそれすらできていないチャットレディも存在していると聞き驚いています。あろことか、男性会員が入ってきてすぐに、「モテナイから私の体を見に来たんでしょ」なんて言われた男性会員もいるそうです。勝手に決めつけてしゃべっているだけですが、モテる男は普通来ないものよなんてたたみかけるようにひどい事をいうのらしいです。こんなことをしていては絶対に稼げません。性的欲求をパンパンにふくらませている男性ならもしかしたら一時的に満足かもしれませんが、理性がある状態で入ってきた男性会員にとっては失礼極まりない話です。男性会員はチャットレディと会話をしたい、Hな部分を少しだけ見せて欲しいということで入ってきますので、まずは男性会員が何を望んでいるかを聞いたり探ったりすることが必要となってくるのです。失恋して悲しい状態でも、チャットレディとしての仕事を忘れてはいけません。悩み事を言えるのもかなりの常連になってからのことです。

 

参考:http://chatlady13.com/
まずはこちらでチャットレディの求人情報やお仕事内容などを詳しく勉強すると、より具体的なことが理解できるかと思います。

チャットレディの稼ぎのしくみ

チャットレディの稼ぎのしくみは大きく分けて二通りです。完全2ショットのみという場合は、稼ぎ方は一つとなりますが、ほとんどのライブチャットではパーティーチャットやノーマルチャットという男性複数人が入れるシステムを導入しています。メインとなる男性会員がインすれば、覗きさんと呼ばれる男性会員がその様子を除くことができます。アダルトサイトの場合は全てが除きさんとなり、その中の一人から2ショット移行のお誘いきてOKを出せば2ショットチャットに移行します。ノンアダルトサイトだとメインの男性のみ2ショットチャットに移行することができます。複数人の男性会員が見ている場合は、男性会員が入った時間かける人数分の報酬となりますが、値段は2ショットチャットよりも安いのが一般的です。2ショットチャットの場合は1.5倍程度となりますので、できれば2ショットに移行したいというチャットレディは多いでしょう。パーティーチャットでアダルト行為を要求されるのも嫌ですからね。ただ、お話だけという場合は除きさんが長くとどまっていることはありません。稼ぎとしては2ショットチャットの方がいいに決まっています。アダルトサイトだと逆になります。